「しまだ」生活

  • 新しい人生をはじめた場所であり、これからここで生きていく場所。

    life01-01

    宮地 香織みやち かおり

    寝装・寝具みやち


    どこにいて、どんなきっかけで島田に帰ってきましたか?又は島田に来ましたか?
    千葉県銚子市生まれで、家業である喫茶店を親子で経営してきましたが、結婚を機に島田市に嫁いできて1年7か月たちました。

    今、どんな活動(仕事)をしていますか?
    寝装・寝具みやちでは、布団やその人に合った枕販売、打ち直しをしていますが、遠州綿紬を使用した座布団や寝具の販売も行っています。
    普段は主に接客と製作のお手伝いをしています。

    島田に来て(又は、島田から離れてまた戻って)イメージや街への想いは変わりましたか?
    どう変わった?
    関東平野で海の街である銚子市から島田市に来たので、最初は空が狭いな~とか、山が近いな~とか、あんな急斜面にお茶畑が!とか景色や気候に驚くことが多かったです。
    人も、漁師気質の街で育ったので違うなあと思うことが多かったですが、時間がたつと似ている部分もあったり。寝具を通じて良いもの、価値あるものを見る目を自分自身でも養いつつ伝えていけるようになりたいです。
    あなたにとって島田ってどんな場所ですか?
    新しい人生をはじめた場所であり、これからここで生きていく場所。
    同じ商売でも、飲食関係に長くいたので、単価や来店スパンが全く違う島田での仕事はまだまだ未知のことも多いですが、お客様との信頼関係を今から作っていく場所だと思っています。

    その他 やりがいってなんですか?
    自分の説明や想いが伝わって、「買って良かったよ!」とお客様に言っていただけることがうれしいです。知り合いのいない土地に来て日が浅いですが、自分とお客様との信頼関係が作れた時です。

     

    これからの目標はなんですか?
    自分に会いに来てくれる。自分のお客様を増やすことです。

     

    香織さんから見て夫である伸芳さんはどんな方ですか? 
    とにかく、仕事に一生懸命で真面目。いろんなことを見ていないようで実は見ていて考えている所を尊敬しています。私は嫁いで島田市に住むことになったので、この土地も今の仕事も選んだわけではなく、結婚を機に始まりましたが、夫を支えながら、夫のがんばりが報われる手助けをしていきたいと思っています。